食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

富経の2020年間ランキング1位は「フルーツむらはた」パフェのドライブスルー

「フルーツむらはた」のパフェ

「フルーツむらはた」のパフェ

  • 14

  •  

 富山経済新聞の2020年PV(ページビュー)ランキングは、「富山でパフェのドライブスルー 老舗『フルーツむらはた』の特製パフェ5種類」が1位に輝いた。

県内初登場したもつ煮の自販機

 ランキングは、今年1月1日から12月10日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1.富山でパフェのドライブスルー 老舗「フルーツむらはた」の特製パフェ5種類(5/4)

2.富山・魚津に県内初のもつ煮自販機 老舗ラーメン店「ふたば」の名物(10/19)

3.富山駅前の居酒屋4店が期間限定コラボ 合同で弁当と総菜配達(4/13)

4.富山市のイタリアン「CIBO」が移転 パンと総菜の店に(4/10)

5.55年の歴史に幕を閉じた富山「日本海食堂」のファンブック(10/16)

6.富山でマルシェサミット 県内マルシェの見本市(1/20)

7.富山城址公園で音楽と食のイベント「おとめし2020」(10/6)

8.オール富山ロケ映画「もみの家」 県内で先行上映へ(3/3)

9.富山のベトナム料理店がテークアウト弁当 鶏肉のニョクマム煮、焼きそばなど(4/6)

10.富山・魚津の商店街にスケートボードと雑貨の店(6/19)

 2020年に最も多く読まれた記事は、老舗の果物店「フルーツむらはた」が期間限定でドライブスルーでのパフェの提供を始めたというニュースだった。みずみずしいフルーツをふんだんに使った人気パフェが、自宅で堪能できるということで話題になった。

 2位は、富山・魚津に県内初のもつ煮自販機が登場したというニュース。もつ煮は、魚津駅近くで、40年にわたり営業していた「中華そば ふたば」の味を継承。同店のもつ煮には根強いファンが多くいたという。「味噌(みそ)」と「塩」と「味噌&塩」の3種類を用意する。

「ぺんぎん食堂」ら富山駅前周辺の居酒屋4店が、合同で始めた弁当と総菜の期間限定配達「ブレーメンの弁当配達し隊」(3位)、ベトナム料理店「ティエン・コム・ベトナム」による、鶏肉のニョクマム煮、ベトナム風焼きそばなどの弁当の提供(9位)といった、テークアウト関連の記事がランクインした。

 富山市のイタリアン「CIBO」の移転オープンや、スケートボードと雑貨の店「MCR STORE」の新店情報のほか、ライターのピストン藤井さんの新刊「日本海食堂大百科」、オール富山ロケ映画「もみの家」の上映といったカルチャーニュースも注目を集めた。

 2020年は新型コロナウイルス感染症の流行によって、飲食店をはじめさまざまな業種が苦境を強いられた年だった。自粛営業を余儀なくされた飲食店が、テークアウトを始めたというニュースが今年は多くランキング入りした。厳しい状況は続くと思われるが、街の営みをつぶさに捉え、記録できる媒体であるよう今後も情報発信を続けていきたい。