3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

富山市のイタリアン「CIBO」が移転 パンと総菜の店に

できたてを提供する日替わり「ランチパスタ」(中央・702円)

できたてを提供する日替わり「ランチパスタ」(中央・702円)

  • 326

  •  

 富山市のイタリアンレストラン「CIBO(チーボ)」が、パンと総菜の店「CIBO DELI BAKE 花水木通り店」(富山市星井町1、TEL 076-422-5515)として4月5日、移転オープンした。

ショーケースの様子

 1995(平成7)年、南田町にオープンした同店は、レストランフロアでは地元の食材を使ったイタリア家庭料理を提供、デリベイクフロアではパンや総菜を販売。地元住民に親しまれてきたが、今年2月、建物の老朽化のため惜しまれながら閉店した。

[広告]

 店主の森隆太郎さんは移転に際し、「個性的なお店がいくつもある、自由な気風の花水木通りかいわいが好きで、再度この通りに店を構えることになった。気軽においしいパンと総菜が買えるデリを目指した」と振り返る。

 木の窓枠が特徴的な外観で、内装はシルバーを利かせた厨房(ちゅうぼう)の延長のような雰囲気。店内では食パン、フランスパン、ベーグルなどさまざまな種類のパンが、毎朝焼きたてで販売される。

 ショーケースには「人参(にんじん)とローストチキンのサラダ」「ジェノベーゼのポテトサラダ」「カポナータ(野菜のトマト煮)」などの量り売り総菜、酒のつまみにもなる「前菜盛り合わせ」(1,058円)「パテ・ド・カンパーニュ」(691円)のほか、「まるぜん精肉」(富山市西中野)のハムカツにナポリタンソースを塗った「厚切りハムカツのパニーニ」、グリルしたチキンにスパイシーなソースを合わせた「アリッサチキン」(各648円)などサンドイッチが色とりどりに並ぶ。

 昼時には、パエリア、ショートパスタ、煮込み、サラダなどを盛り込んだ「ランチボックス」(972円)、3品載せの「ランチプレート」(648円)を用意する。電話でも弁当、オードブル、パーティーデリバリーの注文や取り置きを受け付ける。

 森さんは「早速近隣に住む方や働く方に利用いただいている。暗いニュースばかりの世の中だが、おいしいものを食べて気分が明るくなる、身近な存在のお店となっていければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は8時~19時。水曜定休。