食べる 見る・遊ぶ 買う

黒部のキャンプ場でマルシェイベント たき火体験やテント設営講座も

会場となる「どやまらんど明日キャンプ場」

会場となる「どやまらんど明日キャンプ場」

  •  
  •  

 キャンプイベント「ただテントがならんでいるだけなのに」が10月13日、宇奈月町の「どやまらんど明日キャンプ場」(黒部市宇奈月町土山)で開催される。

オカサトシさんが描いたイベントロゴ

 主宰者のバヤシさんは「各地で毎週のように行われているマルシェが楽しく、よく遊びに行っていた。その楽しいマルシェにキャンプを組み合わせてみたら、もっと楽しめるものになるのではないかと考え企画した」と振り返る。

[広告]

 当日はキャンプ場内にテントを並べ、その前に出店スペースを設けフード販売、作家によるキャンプ道具や雑貨販売、キャンプ道具のフリーマーケットを行う。そのほか、たき火体験、プラネタリウムテント、グランピングフォトブース、「富山トヨタ自動車」のハイラックス展示、フードユニット「Kippis」の「物語のある食事会vol.2」、「RAMP JACK」野田勇揮さんによるテントの設営ワンポイント講座(予約受付)、初心者向け撮影講座(予約受付)、アイリッシュバンド「2piece」の音楽演奏、「キャンプ道具が当たるかもしれないじゃんけん大会」「キャンプ道具が当たるかもしれないインスタグラムフォトコンテスト」などさまざまな内容を企画する。

 マルシェは、革小物「池田舎」(富山市)、木工「tivoli wood works」(南砺市)、刺繍小物「resfeber」、フラワーショップ「TANE.flower」(富山市)、「Fuudo soap」(黒部市)、「にいかわジビエ」(黒部市)、カレー「朱孔蘭ハレとケ」(黒部市)、焼き菓子「粉糖(koto)」( 氷見市)カレー「calmet」(立山町)、コーヒー「FLAT COFFEE」(立山町)、五平餅「お餅屋源七」(魚津市)、サンドイッチ「HOPE low carb bakery」(富山市)、古書「ATLIER」、「ザランの回遊ヤタイ」(以上東京)が出店予定。

 バヤシさんは「自分はどこにでもいるようなありふれた30代だが、キャンプという趣味を持ち、その趣味がきっかけで今まで出会うことがなかったであろうすてきな人たちとつながることができた。キャンプによって、世界が広がったと感じている」と話す。「基本とマナーさえ知れば、子どもから年配の方まで誰でも楽しめるのがキャンプのいいところ。その楽しさを体感していただきたい」とも。

 開催時間は10時~18時(販売は15時で終了)。

  • はてなブックマークに追加