食べる 見る・遊ぶ

富山市におでん居酒屋 自然派ワインや自家製レモンサワーも

おでんの盛り合わせ

おでんの盛り合わせ

  •  
  •  

 おでん居酒屋「飛弾(ひだ)」(富山市上本町4、TEL 080-8726-0569)が市内路面電車「上本町」停留所前の飲食店3軒が入居する建物「FIRST SONG」内にオープンして1カ月がたった。

店内の様子

 店主の飛弾翔二さんは魚津市出身。専門学校卒業後、富山駅前にあるダイニングバー「Quercus(クエルクス)」など県内外で修業を重ね、独立した。「魚津には居酒屋がたくさんあり、幼い頃から親しみを感じていた。飲食店で働くだけではなく各地を飲み歩くのが大好きで、いつか自分の店をと思っていた」と振り返る。

[広告]

 店内は木製カウンター席のみで、全体がブラウンでシックにまとめられている。音楽家のジョン・ケージと猫のモノクロ写真が飾られ、場の雰囲気に応じてジャズ、フォーク、ダンスミュージックなどさまざまなジャンルの音楽を選んで流す。店外にはテラス席も用意する。

 メニューは年間を通して定番の「おでん」(各100~400円)がある。「大根」「すすたけ」「玉子」「牛すじ」のほか、生クリームを使ったふわふわの「がんも」、飛弾さんの自宅で収穫したさんしょうを練り込んだ「すり身」など、手作りの具材から出たうま味が持ち味。京都「原了郭(はらりょうかく)」の「黒七味」を振って食べるのが飛弾さんおすすめの食べ方という。

 レモンをふんだんに搾って食べる「しらすオムレツ」(600円)、肉をほろほろにして固めた「コンビーフ」(800円)、完売することもある人気の「タンシチュー」(1,800円)など洋風のものから、薬味とマッチした「〆さば」(600円)、とろろ昆布かのりかを選べる「おにぎり」(300円)など和風なメニューもそろえ、飛弾さんがのみの市や作家の店を訪れ少しずつ買い集めた器で提供する。ドリンクは、自然派ワイン(グラス900円~)、焼酎(700円)、日本酒(800円)、ジンに無農薬レモンとハーブを漬け込んだ自家製「レモンサワー」(700円)など。

 飛弾さんは「好きなものを好きなように飲んで食べて、楽しくくつろいでもらえる店にしていきたい。お食事だけ、お酒だけの利用も歓迎なので、気軽に利用していただけたら」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~24時。火曜、第2水曜定休。

  • はてなブックマークに追加