見る・遊ぶ 学ぶ・知る

富山駅前のライブハウスで音楽イベント 飲食や植物パフォーマンスも

左上からBlack Boboi、Fumitake Tamuraさん、左下から行松陽介さん、中山晃子さん

左上からBlack Boboi、Fumitake Tamuraさん、左下から行松陽介さん、中山晃子さん

  •  
  •  

 音楽イベント「FUNGI(ファンガイ)」が6月30日、富山駅前にあるライブハウス「MAIRO」(富山市桜町2)で開催される。

イベントのフライヤー。ロゴデザインは「CARRE(ケアル)」のMATERIALさん、ヴィジュアルデザインがDKXOさん

 同イベントを企画したのは、富山市中心商店街にあるシネマカフェ「HOTORI×ほとり座」オーナーの田辺和寛さんと、「めざめ」など県内で音楽イベントを企画してきた木下瑞輝さん。開催のきっかけについて木下さんは「これまで『HOTORI×ほとり座』でイベントを開催してきて、近年は規模が大きくなってきたこともあり、田辺さんから『もっと広いところでやったらいいんじゃない?』と提案された。アーティストのブッキング、イメージ、運営など2人でアイデアを出し合い協力して『MAIRO』で新たなイベントを開くことにした」と振り返る。

[広告]

 「FUNGI」というイベント名は菌類という意味。木下さんは「カルチャーはパーティー(人が集うこと)によって代謝して、エネルギーを得る(醗酵する)ことができると思う。このパーティーがその酵母として機能していけたら」と話す。

 ライブ出演するのは、小林うてなさん、Julia Shortreed(ジュリア・ショートリード)さん、ermhoi(エルムホイ)さんによるグループ「Black Boboi」。スティールパン・マリンバ奏者、シンガー・ソングライター、トラックメーカー・シンガーとそれぞれ個性的なアーティストとして活躍する3人が融合し、新たな音楽を生み出す。

 ビートメーカーのFumitake Tamuraさんは、別名義「BUN」として5lackさんなどラッパーにビートを提供し、自身の曲は実験的かつ緻密に構成されたサウンドが特徴。ロサンゼルスの「Leaving Records」や坂本龍一さんのレーベル「commmons」などから音源をリリースし世界にアプローチしている。

 2組のライブと同時に、ペインティング・アーティストの中山晃子さんがさまざまな性質を持つ液体の流れと色彩を操り、スクリーンに再現する「アライブペインティング」を披露する。

 DJは大阪を拠点に活動する行松陽介さんを迎える。「挑戦的で時折大胆」というパフォーマンスは、時代や国境を超えた選曲にファンが多い。富山からはインドから帰国したばかりのCJさんが、イベントの最初と最後に登場し、フロアの雰囲気をつくり出す。

 当日の会場では、県内の華道家、庭師などによる4人組「the SUID」がインスタレーション、パフォーマンスを行い、音響は全国各地の音楽フェスティバルのほか世界でも活躍するPA「sound Ethnos」が担当する。富山市内の飲食店が出店し「スズキーマ」のスパイスカレー、「hope.lcb」の「独創的」なサンドイッチ、カフェ「HOTORI」のドリンクを提供する。

 木下さんは「東京でもなかなか見られない音楽性の組み合わせの妙や、映像や植物などによる会場演出、飲食など、5年間『めざめ』で挑戦していたことの集大成。来てくれた人が何かを得られる夜になれば」と笑顔を見せる。

 18時開場・開演、24時終演。入場料は、前売り=3,500円、当日=4,000円、23歳以下=2,500円(別途ドリンク代500円)。予約はメールで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加