見る・遊ぶ

富山で新春DJイベント レコードとクラブの魅力を発信

左上からISHIOUMARU、OTSUMAMI、左下からirrrrri、MR INVADER、AKARI

左上からISHIOUMARU、OTSUMAMI、左下からirrrrri、MR INVADER、AKARI

  •  

 DJイベント「新春ハリオトシ」が1月5日、富山駅前のクラブ「MINORITY(マイノリティ)」(富山市桜町2)で行われる。

イベントのフライヤー

県内外のクラブや野外イベントなどで活動するDJのMR INVADER(ミスター・インベーダー)さんが中心となり行われる同イベント。普段から、レコードにこだわってプレーする20~30代のDJが集まり、ディスコ、テクノ、ハウス、R&B、ワールドミュージックなど各DJが得意とするジャンルを「レコードリレー」(選曲)していく。

[広告]

 MR INVADERさんは「新年会のように気軽にクラブに立ち寄ってもらい、レコードの音を楽しむ機会となるイベントがあればと思った」と話す。「近年はテクノロジーの発展に伴い、CD、USB、PCと便利なデジタルツールを使うDJが増えてきた。その中で、レコードにしかない豊かで柔らかな音の心地よさ、プレーする面白さは、古くて新しい魅力がある」とも。

当日は、「ゆったりとした時間帯」や「にぎやかな時間帯」などを設け、来場者がアルコールや会話を楽しんだり、踊ったりと、クラブで思い思いに過ごす一晩の時間の流れを体感できるような演出を行う。

 MR INVADERさんは「どの時間に来ても楽しめるはず。OTSUMAMIは無重力空間のようなコズミックディスコ、irrrrriはポップ&エモーショナルな新しい曲を聴かせてくれるところが魅力。いつもどこかトロピカルでディープなISHIOUMARUで心地よく。AKARIは持ち前のハッピーバイブスで盛り上げてくれる。自分は規格外開放型電子音プレーヤーとなり、お客さんを無限に踊らせたい」と笑顔を見せる。

 21時開場。入場料は1,000円。