見る・遊ぶ 買う

富山・魚津に週末限定の古着店 コーディネートの楽しさ提案

店内の様子と店主の竹内さん 秋冬はニットがおすすめ

店内の様子と店主の竹内さん 秋冬はニットがおすすめ

  •  

 週末限定の古着店「jane's vintage(ジェーンズ・ヴィンテージ)」が10月20日、魚津のハンドメード時計店「meu temp(メウ・テンポ)」(魚津市東尾崎)内にオープンした。

「女の子目線」を意識した仕入れを心がけている

 店主の竹内しおりさんが、主に米ロサンジェルスやペンシルバニア、ポートランドなどで買い付けしたものと、一部を国内で仕入れた商品を扱う同店。「あなたにとって初めての古着屋さんでありたい」をコンセプトに、店では着やすさとコンディションの良さを重視し、手頃な価格の古着をそろえる。

[広告]

 店名の「ジェーン」は、留学した先のホストファミリーが付けた竹内さんのミドルネームが由来。10代からバイヤーを経験し、2015年にインターネットでの販売を始めたという。竹内さんは「最近、古着をコーディネートに取り入れる『フリクロ(フリピエ・クロージングの略称)』がインスタグラムなどでも話題になっている」と言い、「一点物が多く、自分らしいコーディネートができるのが古着の魅力」と話す。

 実店舗を構えたきっかけは、地元・富山の若い人たちに自分の商品を実際に見てもらいたいという思いから。以前「メウ・テンポ」に訪れた際、同店のアンティークな雰囲気が気に入り、空いているスペースもあったことから「ぜひここに出店したいと思った」と振り返る。

 「メウ・テンポ」の店主・伊藤美沙さんは「古着店がオープンしてから、いつもと違う客層が来るようになった。お互いにとって相乗効果になればうれしい」と意気込む。

 竹内さんは「古着の初心者でも入りやすい店だと思うので、気軽に来てほしい。たくさんの人に古着を楽しんでもらえたら」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~18時。営業日は土曜・日曜のみ。