天気予報

18

12

みん経トピックス

富山でオーディオショウ富山で「ひらめきの朝食」

氷見の「みなとがわ倉庫」でフリマ&マルシェ キャンプ用品販売、音楽演奏も

氷見の「みなとがわ倉庫」でフリマ&マルシェ キャンプ用品販売、音楽演奏も

会場となる「みなとがわ倉庫」

写真を拡大 地図を拡大

 「みなとがわ倉庫」(氷見市朝日本町)で4月1日、フリーマーケット「みなとがわ倉庫フリマルシェ」が開催される。

リノベーションが施された倉庫の入り口

 会場は、氷見市の湊川沿いで1921(大正10)年に建てられた歴史的建造物の土蔵。瓦ぶきの平屋構造で6部屋あり、空間を生かした「のみの市」が定期開催されている。

 富山市在住の革小物作家・池田舎さんと、焼き菓子店「koto」(氷見市)が中心となり開催する「みなとがわ倉庫フリマルシェ」は、県内外の飲食店をはじめ、クラフト作家による雑貨や家具販売、キャンプ用品を中心としたフリーマーケット、アイリッシュ音楽の生演奏も展開する。

 フードブースでは、カフェ「CALMET(カルメ)」や「Here We Are!45cafe」、コーヒー店「FLAT coffee」「sixth or third」、焼き菓子店「koto」のほか、パン店や焼きイモ店など9店が出店する。

 クラフトブースでは、富山の刺しゅう作家「resfeber(レースフェーベル)」、キャンプ家具ブランド「tivoli wood works(チボリウッドワークス)」、花や器、アクセサリー、キャンドル販売などを行う。

 フリーマーケットブースでは、キャンプ用品、ビンテージ雑貨、メンズ・レディース・子ども服などの古着販売を予定する。

 池田舎さんは、「会場ではアイリッシュバンドの生演奏も行う予定。桜並木も近くにある川沿いの会場なので、春のピクニック感覚で遊びに来ていただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~15時。

グローバルフォトニュース