天気予報

5

-1

みん経トピックス

富山でバーテンダー技能大会高岡まちゼミ商店主ら講師に

南砺市利賀で「そば祭り」 中西圭三さんライブも

南砺市利賀で「そば祭り」 中西圭三さんライブも

風味が凝縮された利賀の十割そば

写真を拡大 地図を拡大

 南砺市の「利賀国際キャンプ場」(南砺市利賀村上百瀬、TEL 0763-68-2556)をメイン会場に2月9より、「第14回 南砺利賀そば祭り」が開催される。

フィナーレを飾る冬の花火

 昨年は豪雪のため中止となり2年ぶりの開催となる同祭り。毎年1万食が提供される手打ちそばは、地元のそば店、県内のそば打ちサークルなどが出店。きつねそば、山菜そば、にしんそば、自然薯(じねんじょ)そばを販売する。地元利賀名産の岩魚の塩焼き、五平餅、熊汁などのも提供する。外にはかまくらを設置し、「カマクラCafe&Bar」も営業する。

 南砺市の利賀地区ではかつて、冬になると出稼ぎから帰ってきた人や遠来の客をもてなすために、そばを打ち山菜を並べる「ごんべ」と呼ばれる宴が行われていたという。その風習をもとに、地域を上げたイベントとして同祭りが開催されることになった。つなぎが入っていないそば粉100%で作られたそばは、そば本来の香り、舌触り、風味が凝縮されている。

 特設ステージでは、10日18時にシンガー・ソングライターの中西圭三さんによる「利賀そば祭りLIVE『天空と夜空に唄う!』」が開催される。ステージイベントでは、利賀村むぎや節保存会による「五箇山民謡」、よさこいパフォーマンス、南砺市出身の林道美有紀さんと高岡市の小泉こうのすけさんのライブ、富山県で活動するCHIKOさんのライブも予定する。会場広場では巨大な雪像が展示され、利賀の伝統行事「丑引き」が披露される。9日・10日の19時からは、雪空の花火ショーも開催される。

 同祭りの担当者は「温かいそばを食べて、巨大な雪像、ステージ、夜の花火など楽しんでほしい。来場の際は暖かい服装で来場していただきたい」と呼び掛ける。開催は11日まで。

 開催時間は10時~19時(11日は15時まで)。協力金は、高校生以上=300円。

グローバルフォトニュース