見る・遊ぶ 学ぶ・知る

富山でピーター・バラカンさん、直枝政広さんのDJ企画 テーマは「アイランド・レコード」

ピーター・バラカンさん(左)とゲストの直枝政広さん

ピーター・バラカンさん(左)とゲストの直枝政広さん

  •  
  •  

 音楽イベント「大人の音楽談義2019 第2回 Ping-Pong DJ アイランド・レコード祝60周年!」が12月14日、富山市中心部にある文化施設「富山市民プラザ」(富山市大手町6)で行われる。

イベントのフライヤー

 ブロードキャスター、ラジオDJのピーター・バラカンさんが、ゲストと互いにレコードで選曲を返し合うスタイルで、国内外の音楽の魅力を多角的に解説する恒例企画。今回はロックバンド「カーネーション」のフロントマン、直枝政広さんをゲストに迎える。

[広告]

 直枝さんは1983(昭和58)年にカーネーションを結成し、翌年にシングル「夜の煙突」でデビュー。「EDO RIVER」「LIVING/LOVING」「Suburban Baroque」など数多くのアルバムを生んでいる。バンド結成35周年を迎えた2018(平成30)年に、オールタイムのベスト盤をリリース。ポップで叙情的なメロディーと、幅広い音楽性を取り入れたバンドサウンドで音楽ファンから高い支持を得ている。

 バンドと並行してソロアルバムもリリースする一方、「政風会」「Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス)」などのユニット活動のほか、シンガー・ソングライター大森靖子さんのプロデュースも手掛けている。

 今回のテーマは、今年で創立60年を迎える「アイランド・レコード」。イギリス人の音楽プロデューサー、クリス・ブラックウェルさんがジャマイカで設立し、スカ、レゲエの魅力を世界中に広めたレーベルとして知られている。レゲエのみならずフォークロック、ワールドミュージック、ロックなどジャンルを問わず良質な作品をリリース。ボブ・マーリーをはじめフェアポート・コンベンション、スティーブ・ウインウッド、ロキシー・ミュージック、U2、エルビス・コステロさんなど、一時代を築くバンドやミュージシャンを輩出し続けている。ピーターさんが最も愛するレーベルの一つだという。

 イベント後は、総曲輪通りにある日本酒厳選店「DOBU6(どぶろく)」(総曲輪2)で、バラカンさん、直枝さんをゲストDJとするアフターパーティーが開かれる。バラカンさんの音楽ラジオ番組に影響を受けた、県内のDJや音楽愛好家たちも「I'm Your fan,Peter! DJs」としてプレーする。

 17時30分開場、18時開演。チケット料金は、前売り=3,000円、当日=3,500円。アフターパーティーのチケット料金は、前売り=2,500円、当日3,000円。アフターパーティーはドリンク代別途。