3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

富山のイベントスペースでアフリカ人女性の作る布雑貨販売

リピート買いも多いというバッグは新柄で用意する

リピート買いも多いというバッグは新柄で用意する

  •  
  •  

 アフリカ布雑貨を販売する「FDCプロジェクト」が一日限定の販売イベント「Meeting Africa presented by FDC」を12月14日、富山市中心市街にあるイベントスペース「余白社」(富山市総曲輪4、TEL 076-464-3890)で開催する。

布雑貨を制作するフェイボさん

 FDCプロジェクトは、アフリカの日本人宅のハウスキーパーとして長く働くナイジェリア人女性・フェイボさんの「日本へ行ってみたい」という夢をかなえるため、富山市出身の姉妹がフェイボさんの作るアフリカの布雑貨を販売し、その収益で日本に呼ぶことを目的としている。

[広告]

 7月より富山市内のカフェや個人商店などで商品販売をスタートさせた。今回のイベントは、同プロジェクトのポップアップショップ。エコバッグ、巾着型の「1マイルバック」、ミニバック、ポーチなどを中心に、新作のヘアバンドも販売する。数量限定で、生地が選べるエプロンのオーダーも受け付ける。

 会場内では現地で飲まれているモリンガティーとスナック菓子を来場者に振る舞うほか(なくなり次第終了)、写真展示なども行い現地の様子や雰囲気に触れてもらえる工夫も施す。

 主催者のリコさんは「フェイボさんを取り巻く環境や生活レベルを考えると、彼女が日本へ来るということは私たちの宇宙旅行と同じくらい夢のある出来事。秋に出産した赤ちゃんを3日で失う不幸な出来事もあったが、今は日本に行けるかもということが彼女の支えになっている。この機会に少しでも現地の様子を皆さんに知ってもらい、フェイボさんの夢を一緒に応援してもらえれば」と話す。

 開催時間は10時30分~17時。