食べる 買う 暮らす・働く

高岡・伏木「坂ノ上ヴィレッヂ」が1周年 フード屋台やライブ、トークセッションも

コンテナ型の店舗が並ぶ「ふしき坂ノ上ヴィレッヂ」

コンテナ型の店舗が並ぶ「ふしき坂ノ上ヴィレッヂ」

  •  
  •  

 イベント「サカノウエ祭り」が8月12日、勝興寺参道沿いにある「ふしき坂ノ上ヴィレッヂ」(高岡市伏木古国府)で行われる。

「にじのこや」の店内

 2018(平成30)年に「おべんとうカフェにじのこや」「ガラスショップ&工房アポロ」、フリースペースのコンテナショップから成る場所としてオープンした同所。

[広告]

 1周年を記念して企画される同イベントは2部での構成。第1部は「わくわく縁日&オトナの屋台」と称し、フード、物販ブースを用意する。「越中芋騒動」のつぼ焼きトウモロコシ、「宇宙玉」のたこ焼き、「イチカキッチン」のビーガンフード、八百楽農園の無農薬野菜とかき氷、「ニコニコ屋」のマッサージ、「Green Owls」の似顔絵、「古本なるや」の古本、「蜂の巣」の日本手拭い、サカノウエ縁日の射的など、18店舗が出店する。15時より、サックス、ギター、ウッドベーストリオのライブも行われる。

 17時から行われる第2部では、「ふしき坂ノ上ヴィレッヂと、この街のコト。」と題し、富山県県議会議員の針山たけしさん、古本なるやの堀田晶さん、勝興寺まちづくり協議会の中田康夫さん、ふしき坂ノ上ヴィレッジの牧野友香さんによる、一年の振り返りやこれからの街についてのトークセッションを行う。トークグラフィッカ―の山口翔太さんがリアルタイムで絵を描き、トークの内容をまとめていく。

 JR氷見線に乗車して会場に来た人や、帰りの乗車券を提示した人には、会場内店舗で当日のみ利用できる300円券を「にじのこや」で進呈する。先着200人。

 ふしき坂ノ上ヴィレッヂ代表の牧野友香さんは「この1年でたくさんの方に支えられてきた。日頃の感謝の気持ちを皆さんにお返ししたいと思い企画した」と話す。「これからも楽しいことを続けていきたい」とも。

 開催時間は10時~18時30分。

  • はてなブックマークに追加