学ぶ・知る

富山で芸人&日本語学者サンキュータツオさんトーク ユニークな辞書と論文紹介

芸人にして日本語学者のサンキュータツオさん

芸人にして日本語学者のサンキュータツオさん

  •  
  •  

 芸人であり、日本語学者でもあるサンキュータツオさんのトークショーが10月6日、「TOYAMAキラリ」(富山市西町)内の「富山市立図書館」2階ロビーと、富山駅前「CiCビル」(富山市新富町)4階の「富山市立こども図書館」で行われる。

イベントのフライヤー

 1976(昭和51)年、東京生まれのサンキューさんは、早稲田大学第一文学部卒業後、同大大学院の文学研究科・日本語日本文化専攻・博士後期課程を修了。お笑いコンビ「米粒写経」として活躍する一方で、一橋大学、早稲田大学などで非常勤講師も務めている。

[広告]

 元・近鉄ファンの生態を探るといった、一見すると無駄な研究に費やしているかのような研究者の論文を解説する「ヘンな論文」、代表的な国語辞典を擬人化してキャラ説明を施す「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」などの著作を刊行。学術的な研究に対して、芸人ならではのユニークな目線でアプローチしており、「広辞苑」第7版の執筆者の一人としても名を連ねている。

 今回の企画では2カ所にわたって、サンキューさんが辞書と論文の魅力についてトークを展開。富山市立図書館では「図書館に潜むキャラの立った国語辞典とヘンな論文の裏話こっそり教えます」と題した「大人編」、富山市立こども図書館では小学生以上とその保護者を対象とした「おもしろい国語辞典と論文のひみつ」の「親子編」(先着60人、要申し込み)が行われる。

 今回の企画に関して富山市立図書館の読書推進係・瀬口敦子さんは「誰もが人生で一度は手にする国語辞典。辞典ごとの違いや特徴を知ると面白さがぐっと増す。サンキューさんには、そんな辞書の魅力を余すことなく語っていただく。サンキューさんが探し出したヘンな論文についてもお聞きするので、面白くかつ好奇心が満たされる時間になると思う。足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~12時(大人編/富山市立図書館)、15時~16時(親子編/富山市立こども図書館)。入場無料。

  • はてなブックマークに追加