買う

富山にコーヒーとスノーボード、スケートボードとアパレルが一つになった店

店内の様子と店主の森さん

店内の様子と店主の森さん

  •  

 スノーボード・スケートボード用品、アパレル、カフェが一つになった「mori store」が9月1日、富山市山室にオープンした。

「FLATCOFFEE」(立山町)のコーヒーを提供している

店主の森川将人さんは現在、スキーメーカー「K2」がサポートするスノーボードライダー。もともアウトドアショップで販売スタッフとして働いていた経歴を持ち、「K2」のスノーボードをはじめスケートボードキットなどを販売、相談からメンテナンスまでを請け負う。

[広告]

 「さまざまな人たちとのコミュニケーションの場になれば」との思いから、店内にはカウンター席を設置しコーヒーの提供も行っている。ハンドドリップで一杯ずつ入れるコーヒーは深いり、中深いり、浅いりの3種類を用意。今後はメニューを増やす予定もあるという。

 キャンプや旅をコンセプトに掲げるアメリカ発のアパレルブランド「POLeR(ポーラー)」やカリフォルニアのサングラスブランド「NOTHING&COMPANY」の商品などファッションに関するアイテムもそろえる。

 森川さんは「商品は、本当に良いと思う商品や長く愛用できる商品を選んで紹介していきたいと思っている。買わずとも、飲まずとも、どんな感じで来てもらってもいい。気軽に遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は12時~20時。火曜定休。