見る・遊ぶ 買う

魚津のハンドメード時計店でイベント 店主こだわりのものを集めて

前回のイベントの様子

前回のイベントの様子

  •  

 魚津市にあるハンドメード時計&アクセサリーの店「meu tempo(メウ・テンポ)」(魚津市尾崎)で6月10日、「meu tempoのチクタク市」が開催される。

カワイルカ出帆・オカサトシさんがイラストを手掛けたフライヤー

 手作りの腕時計や真ちゅうのアクセサリーを製作・販売する同店。イベント名の「チクタク市」は、時間の経過を感じさせるもの、これから使い込まれるもの、時間をかけて作られたものを集めたいとの意味が込められている。

[広告]

 主催者で同店主の伊藤美沙さんが、富山県東部の店を中心に「個性的で面白い、こだわりのあるもの」を集めて行う同イベントは、昨年から半年に1度のペースで開かれ今回が3回目。毎回ジャンルはさまざまで、これまでには古本、雑貨、古道具、フード、アンティーク家具、植物などの販売や詩の朗読会が催されてきた。

 伊藤さんは「物販は生活の中での道具や雑貨、古道具など、大切に使えるようなものをこだわって取り扱っているお店に、飲食は、素材などにこだわり丁寧に作られている店に声を掛けさせてもらっている」と話す。

 今回は、雑貨・マフィン「CALMET(カルメ)」(立山町)、無農薬、無肥料、不耕起のコメ「はるもにあの畑」(滑川市)、多彩な古本「古本いるふ」(滑川市)、テークアウトのカレー「ひみつカレー」(氷見市)、洋服・アクセサリー・暮らしの雑貨「歩らり」(石川県七尾市)の5店が同店内のシェアスペースに出店する。店舗前では、たこ焼き「TAKOZAKI」、スペシャルティコーヒー「Cafe HAHAHA」(黒部市)の移動車販売も行われる。

 「毎回このイベントを楽しみにしてもらえるようにしたい。新しい発見や出会いの場になれれば」と伊藤さん。「アットホームな雰囲気の中で、店主たちとの会話も楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。