食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

富山国際会議場で講座「エンジン04」 奥田瑛二さん率いる「奥田塾」パフォーマンスも

昨年の「エンジン03 in 富山」のオープニングの様子

昨年の「エンジン03 in 富山」のオープニングの様子

  •  
  •  

 富山国際会議場(富山市大手町)で3月17日、講座「エンジン04 in 富山」が開催される。

「酒に酔う 人に酔う 富山に酔う」のキャッチコピーが躍るチラシ

 2015年3月の「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin富山」をきっかけに、今回で4度目の開催となる。

[広告]

 講師として迎えるのは、俳優で映画監督も務める奥田瑛二さん、奥田さんの長女で映画監督の安藤桃子さん、華道家の池坊美佳さん、「インサイダー」編集長の高野孟(はじめ)さん、元防衛大臣で拓殖大学総長の森本敏さん、パティシエの鎧塚(よろいづか)俊彦さんなど、10人が登壇する。

 オープニングセレモニーでは、県内から公募した塾生を中心に構成された演劇集団「奥田塾」と富山いずみ高校合唱部による舞台が披露される。事務局の五十嵐亮さんは「奥田塾は3期生を迎え、ますます演技に磨きがかかってきた。奥田さんが毎月富山に来て、直接指導している成果をぜひ見てもらいたい」と話す。

 講座1は「続・どうなる? “日本と世界の基礎講座”」と題し、奥田さん、高野さん、森本さんの3人がメインホールに登壇。講座2は「文化と文明は仲良くできるのか?」と「ここでしか聞けない家元のはなし」がそれぞれ別会議室で行われる。特別会議室では鎧塚さんが、県内の中高生を対象としたハローワーク講座を開催。「中高生の君たちへ」をテーマに自身の経験を語る。

 講座前日の16日には「夜楽」と称し、講師陣と富山の名産品や日本酒を酌み交わすことができる機会を設ける。

 開演時間は、16日(夜楽)=19時~、17日=10時~。入場料は、1講座=500円。夜楽=8,000円~1万3,000円、ハローワーク講座=無料(夜楽、ハローワークは富山商工会議所青年部ホームページより事前申し込みが必要)。

  • はてなブックマークに追加