見る・遊ぶ 買う

富山のDJイベント「ゴーゴー!歌謡日」が1周年 世代ごとの昭和歌謡を選曲

くつろぎながら楽しめるイベントの様子

くつろぎながら楽しめるイベントの様子

  •  
  •  

 富山市の中心商店街にあるイベントスペース「HOTORI×ほとり座」(富山市中央通り1)で2月9日、「昭和の歌謡曲」をテーマにしたDJイベント「ゴーゴー!歌謡日」が行われる。

DJ arisaが手掛けたイベントのフライヤー

 DJのMosh-G(モッシュ・ジー)さんが昨年2月、県内のDJに声を掛け開いたのがきっかけという同イベント。レギュラーDJは20代~40代で、それぞれの解釈と感性で歌謡曲を選曲する。2カ月に一度のペースで開催を重ね、今年2月で1周年を迎える。

[広告]

 主催者のMosh-Gさんはもともとロック・バンドで活動をしていたといい、40代になってからDJを始めたという。当初はロックを中心としたDJでさまざまなイベントに出演していたが、徐々に幼いころから親しんできた歌謡曲を選曲していくようになった。

 Mosh-Gさんは「社会的背景によって時代ごとにサウンドの傾向が変わっていき、ジャズ風、ロック風、ファンク風などジャンルをまたいで楽しめるところが歌謡曲の魅力。自分が生まれる前の曲を聴くことで、不思議な懐かしさや新鮮な発見があるはず」と話す。

 今回は、ゲストに富山のロックDJイベント「LOVEBUZZ(ラブバズ)」のDJ BOBさん、福井から「NOTORIOUS ROCK(ノートリアス・ロック)」のナカノセバスチャンさんを招き、普段とはひと味違ったDJプレーを披露する。

 来場者の年齢層は20代~50代。会場内にはオセロやトランプなどテーブルゲームを用意し、ゆったりとした雰囲気の中で会話をしたり踊ったりと思い思いの時間が過ごせる工夫を施す。

 Mosh-Gさんは「お客さんも出演者も楽しめるよう、マイペースにパーティーを続けていければ。ふらりと気軽に訪れていただけたら」と話す。

 22時30分開演。入場無料。

  • はてなブックマークに追加