天気予報

28

18

みん経トピックス

富山で笠間の陶芸家個展富山市で広告コピー審査会

富山国際会議場に名産品デリ 刺し身や地酒など地元名産品取りそろえ

  • 0
富山国際会議場に名産品デリ 刺し身や地酒など地元名産品取りそろえ

COMPACT DELI TOYAMAの様子

写真を拡大 地図を拡大

 富山国際会議場(富山市大手町)1階に4月15日、富山市と総務省の共同事業であるデリ「COMPACT DELI TOYAMA(コンパクトデリトヤマ)」がオープンした。

森雅志富山市長(中央左)とMDプロデュースを担当する北村森氏(中央右)

 総務省の「公共施設オープン・リノベーション推進事業」を活用した、全国第1弾目となる事業として展開する同店。店内では、市内の名店を再現したデリ総菜や朝捕れ鮮魚の刺し身、富山の地酒やワインなどを販売し、富山の食をデリカテッセンスタイルで気軽に楽しんでもらおうというもの。富山市は今回の事業をきっかけに、地域の経済好循環推進および地域再生を目指している。

 オープン前に行われたセレモニーでは、森雅志富山市長が「富山の食とデリカテッセンスタイルという新しい組み合わせに期待している。観光客の方にも、従来の土産物とは一味違う魅力を感じてもらいたい。富山市国際会議場は、5月に開催するG7富山環境大臣会合の会場でもある。国内外に富山の食の魅力をアピールする場としても活用したい」とあいさつ。総務省の関係者らと共に、テープカットを行った。

 セレモニーに参加した同店のマーチャンダイジングを務める商品ジャーナリスト・プランナーの元日経トレンディ編集長の北村森さん(富山市出身)は「50席に満たないコンパクトなスペースだが、色々な富山のストーリーがある店。普通では実現できない部分も、皆様のご協力のお陰で実現することができた。全国でもほかにこのような形態の店はあまり見かけない。必ず成功させる」と意気込む。

 営業時間は9時~19時。富山国際会議場休館時は休み。

グローバルフォトニュース