3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

富山の生花店で季刊タブロイド紙の創刊記念イベント ブーケと焼き菓子限定販売も

毎号ひとつの花にまつわるエピソードを綴る

毎号ひとつの花にまつわるエピソードを綴る

  • 95

  •  

 生花店「Atelier ANORM(アトリエアノーム)」(富山市西四十物町5、TEL 070-1072-1337)が7月4日~6日、季刊発行のタブロイド紙「HELLO MY NEW DAY!」創刊記念イベントを行う。

chimadeのキャロットケーキ

 店主の西淵吏英さんが長年にわたり書き続けているブログのタイトルから名付けたという同紙。西淵さんの言葉で書きたいことや伝えたいこと、トピックスなどをつづり、年2回発行する。

[広告]

 創刊号は、花にまつわるコラムとイラストを掲載。イラストは富山在住のイラストレーター・藤井奏さんが手掛ける。「もらった手紙やポストカードを壁に貼るのが好き」と話す西淵さん、中面はポスター仕様にした。編集はInk&Diveの居場梓さん、デザインはtrimdesignの塚原敬史さん、写真は中山直人さんが担当する。

 イベントでは、「HELLO MY NEW DAY!」創刊号を包み紙にした特製ブーケ、焼き菓子店「chimade」のキャロットケーキを販売する。ブーケ、焼き菓子は数量限定(なくなり次第販売終了)。

 西淵さんは「花は枯れるものだし、束ねた花は人に渡っていく。1人で仕事をしているので、いつか誰かと一緒に『手元に残るもの』を作ってみたかった」と振り返る。「このタブロイド紙はさまざまなクリエーターとチームを組み、表現することを楽しみながら制作した。質感や色合いなど、ウェブにはない紙の良さを感じてもらえたら。ジャーナルを通じて来店のきっかけにもなれば」とも。

 開催時間は11時~18時。同紙は同店で花を購入した人に無料配布する。