3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う

富山のラッパーMC LASさんが新曲「ホタルイカ ラプソディ」リリース

「ホタルイカ ラプソディ」のジャケット

「ホタルイカ ラプソディ」のジャケット

  •  
  •  

 富山のラッパーMC LAS(エムシー・ラス)さんが新曲「ホタルイカ ラプソディ」を4月30日、リリースした。

MC LASさん(右)

 LASさんはラッパー、きこり、猟師という肩書を持ち、県内の音楽シーンでは知られた存在。LASさんいわく「ライブは大体山でたまにドライブして街へ。ヒップホップ、ステップワゴンに乗って、もう廃車になったけど」とマイペースに活動してきた。昨年10月、ラッパーの鎮座DOPENESS(ドープネス)さん、金沢のアーティストPPTV.さんとのコラボレーション曲「アルプス(山い)」を発表した。同月にはLASさんが作詞・作曲を手掛けた「アイスクリームパラダイス」を、アイドルユニット「謎ファイルとやま観光」がカバー。チューリップテレビの番組「ニュース深夜便」でエンディング曲に起用され話題を呼んだ。

[広告]

 新曲「ホタルイカ ラプソディ」はライブでよく歌われてきた、ファンにはおなじみの曲だという。当初はレコードの音に合わせてラップしていたが、県内のトラックメーカーDenpun(デンプン)さんがオリジナルトラックを提供し、現在の形になった。ホタルイカの神秘的な光を想起させるサウンドと、独特の韻、童謡や伝承遊びからの引用、キャッチーな掛け声が楽しめる仕上がりになった。

 LASさんは新曲について「リリックに込めたテーマは『婚活』。Denpunさんのトラックは、高校生の頃のような青春時代へと導いてくれるところが魅力」と話す。

 リリースに合わせて公開されたミュージックビデオは、これまでLASさんの「Open the door」などのMVを手掛けてきた朝倉太郎さんが担当。共に酒を酌み交わし、アイデアとインスピレーションを膨らませたという。タモを持ったLASさんが、海岸沿いでホタルイカを探し歩く様子が美しく収められた。

 今後の活動についてLASさんは「新曲を制作している。グッズもリリースしていく予定なので、インスタグラム(@yadorisha)を随時チェックしてほしい」と話す。

 各種音楽ストリーミングサービスで配信、音楽配信&販売サイト「Bandcamp」でダウンロード販売中(投げ銭式、200円~)。MVはユーチューブで視聴可能。