3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

富山のおでん居酒屋「飛弾」が弁当 10種類以上の自家製総菜

美しく折詰めされた弁当

美しく折詰めされた弁当

  •  
  •  

 富山市中心市街地のおでん居酒屋「飛弾(ひだ)」(富山市上本町、TEL 080-8726-0569)が、4月16日より弁当のテークアウト販売を始めた。

店の看板

 市内路面電車「上本町」停留所前の飲食店が入居する「FIRST SONG」内に、昨年6月オープンした同店。「好きなものを飲み、普段使いができる居酒屋」をコンセプトとする。がんもやすり身といった、手作りの具材から出るうま味が持ち味の「おでん」をはじめ、「しらすオムレツ」「タンシチュー」「〆さば」のほか、注文を受けてから米を炊き上げる「おにぎり」など和洋を織り交ぜたメニューがそろう。店主の飛弾翔二さんがセレクトした自然派ワイン、日本各地の日本酒や焼酎、自家製レモンサワーも人気。丁寧に作られた料理と、1人でも気軽に立ち寄れるカウンタースタイルが評判を呼び、地元のみならず県外からの来店も多い。

[広告]

 日替わりの弁当(1,200円)は揚げ物、煮物、あえ物など肉、魚介、野菜を使った10種類以上の総菜が盛り込まれている。コゴミ、コシアブラといった山菜、ホタルイカなどの旬の物や、「ニシンの山椒(さんしょう)煮」といった店の定番メニューを取り入れることも。駅弁の幕の内弁当をイメージし、電車の中で弁当を開くわくわく感や、添えられたお品書きを眺めながら食べる楽しみを再現したくて作ったという。

 飛弾さんは「今、世の中は良い状況ではないが、普段はなかなか足を運べない店や、行きつけのお店のメニューを家で堪能することが、皆さんにとって少しでも癒やしになればいいと思う。当店の弁当で旅行気分を味わってもらえたら」と話す。

 営業時間は11時30分~(売り切れ次第終了)。予約は電話やSNSのダイレクトメールで受け付ける。営業日はインスタグラムで要確認。