見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

富山の雑貨店が移転 キッチン付きイベントスペースも

ビルの1階が入り口

ビルの1階が入り口

  •  
  •  

 雑貨店「Labour&Laboratory(レイバーアンドラボラトリー)」(富山市総曲輪4、TEL 076-464-3890)が10月17日、移転オープンした。

店主が海外から買い付けた雑貨

 2017(平成29)年6月、総曲輪のビルの2階で「ちょっと変わったホームセンター」をコンセプトにオープン。日常雑貨やDIYパーツ、文房具など、国内外より仕入れた商品を展開してきた。

[広告]

 商品数が増え手狭になったのを機に、旧店舗から歩いて1分以内の場所の空きビルに移転を決意。ビル1棟全てを新店舗として始動する。新コンセプトは「ネオよろずや」を掲げ、新しい試みにも挑戦する。

 1階は雑貨店として、もともとの商品に加え食器やサンダル、エプロンなどの生活小物など幅広いラインアップで構成。京都の辻和金網やSUBUといったブランドの取り扱いも本格的に開始する。2階はキッチンを導入し、不定期で企画イベントなどを開いていく予定。11月以降からは、レンタルスペースとして貸し出しも検討している。

 店主の出口進一郎さんは「店が広くなり、商品数もバラエティー豊かにそろえられるようになった。イベントも企画しながら、より人の集まれる場所を作っていければ」と話す。

 営業時間は10時30分~18時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加