見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

高岡にランニング・トレイルランニング専門店 名所ランイベントも

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 富山県呉西地区で初となるランニング・トレイルランニング専門店「SALLYS RUNNING DEPT.」(高岡市駅南5)が10月1日のオープンに先立ち9月14日、プレオープンした。

店の中は明るく開放的

 プラスチック製の日用品やアイデア商品の製造・販売するウェルビー(高岡市佐加野)が運営する。

[広告]

 同社が2018(平成30)年春に販売を始めた、水分補給のためのハイドレーションボトル「シェイクハンズ」の商品開発をする中で、地元の現役ランナーやスポーツショップの意見が集められた。その際、「富山県呉西や石川県能登地方にランニングの専門店がない」「ランナーが情報交換できるスペースがほしい」という声があったことを受け、要望に応えようと開店したという。

 店長の藤森暁さんは「富山では2015年から始まった『富山マラソン』をきっかけに、ランニングやマラソン、トレイルランニング、フォトロゲイニングなど走ることへの関心や興味が高まっている。また大会も県内各地で開催されるようになったこともきっかけの一つ」と振り返る。

 オリジナル商品も展開する。小矢部の縫製工場に製造を委託したTシャツは、伸縮性、速乾性にすぐれた素材「東レ Primeflex(プライムフレックス)」を使用。イラストは地元作家に依頼した。店内ではコーヒー販売も行う。コーヒー豆は「ワールド珈琲(コーヒー)商会 CAFE BEANS」にブレンドを依頼する。

 店舗ではランニングウエアやシューズなどの商品販売はもちろん、地元ランナーたちのコミュニケーションスペースや情報交換の拠点としての役割も果たしていく予定。すでに毎週木曜の19時30分より、高岡市内の名所を巡るグループラン(参加無料)も実施している。

 藤森さんは「地元の他業種とのコラボイベント、セミナーなどを実施し、地域の発展にも貢献したい」と意欲を見せる。

  • はてなブックマークに追加