買う 学ぶ・知る

高岡のプラスチック製品会社がランニングボトル ランナーの声を反映

ウエストポーチやパンツのウエスト部分に差し込むこともできる

ウエストポーチやパンツのウエスト部分に差し込むこともできる

  •  

 高岡市にあるプラスチック製品の製造・販売を行う「ウェルビー」(高岡市佐加野、TEL 0766-29-1331)が4月15日、ランニングボトル「Shake Hands」を発売した。

ランナーたちの使い心地の評判も上々という

 同社は大手企業のOEMの製造を手掛けるほか、ペットボトルに装着するとキャップがコップとして使える「キャップコップ」や、浴室や窓の結露をすくい取る「けつろトリ」など、数々のアイデア商品を開発してきた。

[広告]

 同商品は、トレイルランニングやマラソン大会に出場しているランナーたちの声が開発のきっかけとなった。「握りにくい」「洗いにくい」といった意見に応えながら、フォルムをブラッシュアップし約2年かけて完成にこぎ着けたという。

 国産のプラスチックを原料にした商品の強みは、水分補給がスムーズにできること。手を使わずに飲み口部分を口で引っぱるだけで水分補給ができたり、開口部が大きく市販のボトル洗浄スポンジやブラシで洗いやすかったりと、衛生面への配慮も行き届いている。くぼみのあるフォルムは、手のひらの大きさに関係なくフィットして握りやすく、ボトル下部を細くすることにより、ボトルホルダーやポケットに収納しやすく出し入れに手間取ることもないという。

 商品開発を担当した同社取締役の竹下隆子さんは「同社のモットーである『あったらいいな』を形にした商品。スムーズな水分補給が、ランナーのパフォーマンスの向上につながればうれしい。今後もわくわくできる商品を販売していきたい」と話す。

 価格は1,850円。「OUNCE」(富山市大手町)、「スポーツのマンゾク」(富山市桜町)などで取り扱う。