見る・遊ぶ

富山のカフェでシンガー・ソングライター伴瀬朝彦さんアルバム発売記念ライブ

マルチプレーヤーとしての評価も高い、シンガー・ソングライター伴瀬朝彦さん

マルチプレーヤーとしての評価も高い、シンガー・ソングライター伴瀬朝彦さん

  •  
  •  

 シンガー・ソングライター伴瀬朝彦さんの新作発売記念イベント「行き先」が9月8日、富山市郊外の住宅街にあるカフェ「nowhere(ノーホエア)」(富山市婦中町下坂倉)で行われる。

会場の雰囲気

 伴瀬さんはソロ名義のほか、音楽と料理を届けるフリージャズ・バンド「cookingsongs」、8人編成のファンク・ポップバンド「片想い」など多くのバンドに所属しており、全てを並行して活動するマルチなプレーヤーとして活動。CM音楽をはじめ、多くの楽曲提供やサポート演奏なども行っている。2014(平成26)年に初のソロ・アルバム「カリハラ」を発売し、リズム&ブルースやロックンロール、歌謡曲の影響を受けた独自のサウンドが、音楽ファンに「伴瀬音楽」や「アコースティック・ソウル」と称され話題となった。

[広告]

 2019(平成31)年3月に2作目のアルバム「エモノ」を発売。同ライブはその記念ツアーの追加公演となる。共演には、男女混合バンド「ザ・なつやすみバンド」のボーカル・ピアノを務める中川理沙さん、名古屋を中心に活動する「GUIRO」のベーシスト厚海義朗さんを招き、3人のソロライブが行われる。

 主催者の水岡大思さんは「ここ数年、同世代の人たちが企画したすてきな音楽に出合えるイベントと、今回の会場であるノーホエアで見たライブに感銘や刺激を受けていたこともあり、自分が好きなアーティストを呼んでお店でライブを開催できないか、ずっと考えていた。伴瀬さんのアルバム発売がきっかけで、思い切ってずっとファンだった3人のアーティストにライブを打診したところ、快諾いただき実現できた。当日は、それぞれが所属するバンドと一味違う弾き語りを中心としたライブになるが、三者三様の奥深い音楽性を楽しんでもらえれば」と話す。

 18時30分開演。チケット料金は、予約=2,500円、当日=2,800円(いずれも1ドリンクオーダーが必要)。

  • はてなブックマークに追加