見る・遊ぶ

富山のバンド「DROPOUT」が立山町でミュージックビデオ撮影

左からAtagoさん、Kaoriさん、Hiuさん

左からAtagoさん、Kaoriさん、Hiuさん

  •  
  •  

 富山のバンド「DROPOUT」が立山町の森林と廃校で撮影したミュージックビデオ(MV)「(Goin') as you are」を8月1日、公開した。

MV「(Goin') as you are」より

 「DROPOUT」は立山町出身のHiuさん(ボーカル&ギター)、新潟県出身のKaoriさん(ボーカル&ベース)、射水市出身のAtagoさん(ドラム&コーラス)の3人組。女性2人のボーカルとコーラスワークを前面に押し出した耳に残るメロディーと、分かりやすいビートが持ち味のパワーポップを奏でる。

[広告]

 SHAKALABBITS、ELLEGARDEN、GOOD4NOTHINGなどに影響を受け2011(平成23)年に結成、富山市中心部のライブハウス「富山SoulPower」をホームに、県内外で活動を行っている。2014(平成26)年にはファースト・ミニアルバム「shine」を全国発売。今年8月には黒部市で開催された野外音楽フェス「HOT FIELD」にも出演した。

 今回MVを撮影した「(Goin') as you are」についてKaoriさんは「友情の歌であり、応援歌。青春時代を共にしたかけがえのない友人への『どんなときもあたしがずっと隣にいるよ』という気持ちを込めた。『君らしく進め』という曲名の通り、聴いてくれる人それぞれにとっての応援歌となれば」と話す。

 MVはバンドの演奏とドラマが入り交じる構成。グラフィックが効果的に取り入れられ、曲の盛り上がりを演出している。Kaoriさんは「人の気持ちや気分の波のように、静かな箇所と盛り上がる箇所を曲中にちりばめ、MV内のドラマカットにも抑揚を付けた」と振り返る。

 演奏カットは、緑あふれるロケーションを求めて、富山県農林水産総合技術センター 森林研究所(立山町吉峰)の展示林で撮影。県内に生育する主な樹種を中心に約350種類、2万3000本の樹木などが植えられている中で何度もテイクを重ね、躍動感あるパフォーマンスが収められた。

 ドラマカットは、学校を使い甘酸っぱい青春ストーリーを撮りたいという思いから、現役女子高生2人の協力の下、Hiuさんの母校の新瀬戸小学校(立山町中林)で撮影した。新瀬戸小学校は2016(平成28)年から休校になり、今年3月で廃校となっているが、グラウンド、ベランダ、音楽室など校舎はそのままの姿が保存されており、ノスタルジックな雰囲気の映像に仕上がった。

 映像制作は総合デザイン事務所「みんぐる」がコーディネートし、さまざまなバンドのMVなどを手掛ける「sausage works」の石川樹(たつる)さんが撮影・編集した。

 Atagoさんは「樹さんとはずいぶん古い仲で、ずっとMVを撮る際にはお願いしようと思っていた。樹さんもDROPOUTのMVを撮りたいと言ってくれていたので、やっと実現してうれしい」と話す。

 今後の活動について「これからも3人のペースで頑張っていければ。MVを公開したので、次は何が起こるか期待してほしい」と笑顔を見せる。

 ライブの予定はバンドのホームページやツイッターで告知する。

  • はてなブックマークに追加