プレスリリース

泊まらないと味わえない「とやまのおいしい朝ごはん」が65品目に増えてリニューアル! 3/6(土)10時半~12時  とやまの食の匠が教える「とやまのおいしい朝ごはん オンライン料理教室」を開催!

リリース発行企業:富山県ホテル・旅館生活衛生同業組合

情報提供:

富山県ホテル・旅館生活衛生同業組合(理事長:坂井 彦就、富山県富山市桜木町、以下、当組合)は、2021年2月25日「とやまのおいしい朝ごはん」をリニューアルします。富山県内のホテル旅館で、2021年3月より順次展開していきます。またリニューアルを記念して、2021年3月6日(土)に、泊まらなくてもお家で味わえる「食の匠が教える、オンライン料理教室」を開催します。2024年に控える北陸新幹線敦賀延伸や、立山黒部アルペンルートと並ぶ黒部ダムへのアクセスルート「黒部ルート」を見据え、富山で泊まらないと味わえない食と文化の体験を発信していきます。




標高3,000m級の北アルプス立山連峰から、天然の生け簀と呼ばれる水深1,000mの富山湾まで、山・海・里に富み、四季に恵まれる薬都富山の大地から届ける、おいしい朝ごはんをブラッシュアップしました。富山に根付く郷土料理が65品にボリュームアップ。「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い」という食養運動「身土不二」の考え方を大切に、体にも、自然にも、優しい、旬の食を五感でお楽しみください。




追加されたメニューの紹介(一部)




温泉野菜の温野菜
温泉のミネラルと、野菜の旨味で美しく健やかに。
「庄川おんせん野菜」とは、地元の生産者が砺波市庄川地区の活性化に貢献するため、地元に湧き出る「庄川おんせん」の源泉水を肥料として与えた野菜のこと。季節ごとに多様な種類が栽培されています。それらをボイルした温野菜で、ミネラルを豊富に含む源泉水が引き出した野菜の旨味をお楽しみください。



大根と地元豚の煮たもん
富山にあるのは、臭みのない良質な豚肉。
富山では、1990年から豚肉のブランド化に力を注いできました。今では、産地ごとに個性的な9銘柄があり、それらを総称して「とやまポーク」と呼んでいます。生産者の多くが、豚肉特有の臭みを抑える効果を持つとされる竹酢を飼料に混ぜているのが特徴。大根の旨味とともに、富山県産豚肉のおいしさを味わってください。




漬けの昆布まぶしとろろ掛け
富山県民だけが食べる「黒とろろ昆布」で、さらなる旅気分を。
厚みのある昆布を削った「白とろろ」は全国各地で食されていますが、薄い昆布を削った「黒とろろ」をよく食べているのは、富山だけといわれています。みりんや醤油に漬けた刺身の上に、とろろ芋と黒とろろ昆布をたっぷりかけたこの逸品は、新鮮な魚にねばとろ食感が絡み合い、富山ならではのおいしさを楽しめます。



かぶら寿司
シャリではなく、カブで魚を挟む、富山伝統の寿司。
富山県西部にある砺波平野は、大カブの産地。そのカブに新鮮なブリ、またはサバの切り身を挟み、麹に漬け込んで発酵させた「かぶら寿し」は、粘土質の土壌で育てられたカブのきめ細やかな肉質や甘み、やわらかくもシャキッとした食感を楽しめる郷土料理です。江戸時代から続く秋冬季の風味を、朝炊きのご飯とともにぜひ。




あんじゃなます
ブリを主役にした、魚津独自の食文化を。
富山県は、上質なブリが獲れることから、多彩なブリ料理が作られてきました。そのひとつが、魚津市に伝わるこの郷土料理。薄く細く切った生魚を酢と和えた「なます」をアレンジしたような料理で、刺身ほどの厚みのあるブリに塩を振り酒で洗い、酢味噌と和えたものをいいます。魚津市ならではの新鮮な味わいをご堪能ください。



2021年3月6日(土) 10:30~12:00 開催!
とやまのおいしい朝ごはん 食の匠が教えるオンライン料理教室【食材発送付き】先着15名限定

~泊まらないと味わえない、食の匠 「おいしい朝ごはん」を伝授!おうちで楽しむ食の富山旅~
富山平野を抱く立山連峰、天然の生け簀とよばれる富山湾など、山・海・里に富んだ富山県。そんな大地が育んだ四季の恵みがいっぱいの「とやまのおいしい朝ごはん」を、お家で楽しめるオンライン料理教室を開催します。


教えてくれるは、とやま食の匠 創作の匠「峯山 総料理長」
富山県内にある「つるぎ恋月」「ホテルおがわ」「延対寺荘」などの旅館を展開する「海栄RYOKANS」の富山・甲府 総料理長。富山県知事認定の「食の匠」のひとりとして、富山の四季を体感できるおいしいひとときを創っています。
https://shoku-toyama.jp/sousaku_no_takumi/jp-16/



●料理のご紹介




「大根と豚バラの煮たもん」
新鮮なとれたての大根を一本おくります!大根の旨味とともに、豚肉のおいしさを味わってください。





「大根葉のよごし」
「よごし」とは、茹でた野菜や炒めた野菜を味噌で和えた郷土料理のこと。ふるさとを思い起こすような懐かしく温かい気持ちが胸にこみ上げてきます。


●主な食材のご紹介



富山のブランド米「富富富」
富山の新しいお米、富富富(ふふふ)。 それは、炊き上がった瞬間、 あなたを幸福にします。 一粒一粒のつや。 そこから広がるごはんの香り。 ほおばれば、うまみとあまみが、 噛むたびに口の中いっぱいに広がります。
あなんたんしょうゆ 濃口
上市町にある全国名水百選に選ばれる「穴の谷霊水」を使用して醸造した醤油。コクと旨味が絶妙なお醤油で、全国にファンをもっています。
日本海みそ
富山県のソウルフフードともいえる味噌。雪ちゃんのテレビCMは、県民の多くが知っています。会社は上市町。味噌の麹がきいて、あっさりした味で、とてもちょうどいいと評判です。
富山の水(いろはす)
富山の良質な大地が育んだ天然水を送ります。富山は名水百選にも数多く選ばれる水の王国です。



名 称:とやまのおいしい朝ごはん オンライン料理教室【開催概要】
日 時:2021年3月6日(土) 10:30~12:00 ※90分間
内 容:峯山料理長に習って、富山の郷土料理などを4品つくります。富山のブランド米「富富富」のご飯、大根と豚バラの煮たもん、大根葉のよごし、みそ汁
参加費:税込2,500円(レッスン・食材・送料込み、※一部ご準備いただく食材などがあります。)
定 員:前着15名
申込方法:Passmarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gejy11gquaq.html



「とやまのおいしい朝ごはん」について
2015年春の北陸新幹線開業を見据え、観光誘客につなげる目的で、富山のあたりまえのおいしい食を味わってほしいと、富山県と当組合が企画して始まったのが「とやまのおいしい朝ごはんキャンペーン」。素朴ながらも、富山を感じ、富山を味わっていただける、旅の思い出としてふさわしい料理を提供。「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い」という食養運動「身土不二」の考え方を大切に、体にも、自然にも、優しい、旬の食を五感で楽しむことができます。

「とやまのおいしい朝ごはん」キャンペーンサイト https://www.yado-toyama.jp/asagohan/
左上:高岡市雨晴海岸からの朝日、右上:春の田植えの風景、左下:新湊の昼セリ、右下:世界遺産五箇山の冬のライトアップ
「富山県ホテル・旅館生活衛生同業組合」について
当組合は、富山県内のホテル・旅館の事業者があつまった組織。富山旅をもてなすプロの集団として、お客様へのおもてなしの勉強会をはじめ、県内外にPR活動などを通じて、富山のさらなる観光振興に取り組んでいます。「とやまのおいしい朝ごはん」キャンペーンを担うのは、次世代を担う当組合の青年部。観光を中心に、地域振興・産業振興を目指して取り組んでいます。
富山県ホテル・旅館生活衛生同業組合公式ウェブサイト https://www.yado-toyama.jp

  • はてなブックマークに追加