見る・遊ぶ 買う

富山のインディーロックバンド「インテリア・パレット・トウシューズ」が初アルバム

結成17年目で初アルバムとなる男女5人組バンド、インテリア・パレット・トゥシューズ

結成17年目で初アルバムとなる男女5人組バンド、インテリア・パレット・トゥシューズ

  •  
  •  

 富山県在住のメンバー5人構成で活動するインディーロックバンド「interior palette toeshoes(インテリア・パレット・トゥシューズ)」が6月19日、新作「.」を発売する。

「.」のCDは真っ白なブックレットがジャケットになった特殊仕様

 インテリア・パレット・トゥシューズは、広沢知大さんと山内晃一さんの2人が2002(平成14)年に滑川市で結成。2004(平成16)年に現体制となる5人組で本格的に活動を開始し、2006(平成18)年に自主販売したデモ音源「poet EP」をはじめ、「there EP」「nude EP」と、これまでにEPを3枚発売している。

[広告]

 自分たちでできることは自分たちで行う「D.I.Y」の信条を持ち、音楽レーベル「TOKEI RECORDS」の運営や、メンバーによるイラストレーション展示、ライブイベント「NICE CUE」・「狂言綺語」を主催。国内外から幅広いジャンルのアーティストを招聘(しょうへい)するなど、活動は多岐にわたる。同アルバムはバンドにとって初めて発売するアルバムとなる。

 同アルバムは、過去に発売された作品とは異なるバージョンで再録した「tense 0」、ライブで披露しファンからの人気が高い「suicidal disco!」など、全8曲を収録。躍動感あるベースとドラム、美しいピアノの旋律、ゆがんだギターとたくみなエフェクター使いが特徴で、ポストロックやエレクトロニカ、アブストラクト・ヒップホップ、ハードコアなど多彩な音楽からの影響が見られる、インストゥルメンタルサウンドになっている。

 2017(平成29)年にレコーディングを開始し完成まで2年をかけたが、録音・ミックス・マスタリングから、アートワーク・流通まで全ての作業をメンバーが行うことで、従来のCDアルバム価格から大幅に下げることができたという。タイトルの読み方はバンドの意向により決めていない。

 リーダーの広沢さんは「歌がなくてもメッセージ性のある音楽。地元に居ながら、居るからこそできることを胸にバンドを活動し、17年たってようやく仕上がった初めてのフルアルバム。1人でも多くの人に聴いてもらえるとうれしい」と話す。

 価格は900円。

  • はてなブックマークに追加