食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

富山・氷見市「魚々座」で地域交流イベントセミナー

天井からつり下げられた越中式定置網の迫力が見事な「魚々座」

天井からつり下げられた越中式定置網の迫力が見事な「魚々座」

  •  

 氷見市の施設「ひみ漁業交流館『魚々座(ととざ)』」(氷見市中央町)で10月3日、セミナー「地方交流イベント成功のヒント」が開催される。企画は「大人の林間学校@富山」主催のDoubleVisionTokyo。

氷見市民から寄贈された民具

 2014年夏から3回にわたり富山市、高岡市、砺波市、南砺市、氷見市、朝日町などで開催された1泊2日の参加型イベント「大人の林間学校@富山」。富山の地勢、産業、暮らしなどを林間学校のスタイルで遊びながら学ぶ。首都圏からを中心にのべ130人の参加者を集め、県内の有志が講師となって行った。

[広告]

 今回は、主催者の池田さんと岩瀬さんがトークショー形式でイベントのコンセプトや裏側、成功のヒントについて話す。2016年1月には富山市内でスピンオフイベントを開催予定で、その企画意図や経過についても報告する。

 トークの後は、イベントのキャンプファイア演出で好評を博したDJユニットDDSの音楽とトークに乗せた交流会を予定。「魚々座」の展示でもある、氷見市の民家から寄贈された古い酒器に地元のワインや日本酒を注いで味わう試飲も行い、それに合うつまみも提供する。

 開催時間は14~18時(途中からの参加も可)。参加費は、事前申し込み=2,300円(10月1日まで)、当日=2,500円(以上、入館料、交流会ドリンク、つまみ代込み)。