見る・遊ぶ 学ぶ・知る

富山にフォトグラファーの写真館 気軽に立ち寄れる場所目指す

撮影中のJumpeiさん

撮影中のJumpeiさん

  • 14

  •  

 フォトグラファーのJumpei Yamadaさんの写真館「山田写真館」(富山市下新本町、TEL 070-8434-2416)が10月16日、富山駅北にある富岩運河環水公園近くにオープンした。

Jumpei Yamadaさんと妹のミズキさん

 Jumpeiさんは富山市出身。京都の大学を卒業後、大阪の写真専門学校へ進学。卒業後、都内の大型広告を扱う撮影スタジオへアシスタントとして入社。27歳でフォトグラファーとして独立した。
 ウェブや雑誌などで活動の幅を広げ、現在はミュージシャンや俳優といった人物を中心に撮影を行っている。

[広告]

 「昨今の世情を鑑みて、家族や自分の周りの人たちのことを思ったとき、それぞれにストーリーがあって、それを残すことにとても興味が湧いた」と振り返るJumpeiさん。テレビディレクターの妹・ミズキさんとも以前より「何か一緒にできたら」と考えていたこともつながり、「誰かが出会う場、思い出を残せる場を作ろう」と、地元に写真館を開くことを決意した。

 基本的に金曜、土曜、日曜の週末のみオープン。撮影は1時間単位で予約できる。営業日は1カ月前までにインスタグラムやホームページ上でアナウンスする。

 Jumpeiさんは「写真館は敷居が高いと思われがち。もっと写真を身近なものに感じてもらいたいと思っている。子どもから大人まで、気軽に立ち寄れる場所にしていきたい」と意気込む。

 スタジオ撮影やロケ撮影、出張撮影なども柔軟に対応する。企業案件などにも応じていくという。

 営業時間は10時~20時。