食べる

富山・高岡のラーメン店が「鰤醤」を使ったメニューを共同開発 

「鰤醤らーめん」(880円)

「鰤醤らーめん」(880円)

  • 69

  •  

 ラーメン店「すたじあむたけ」(高岡市姫野、TEL 0766-54-0177)が9月26日から、「鰤醤(ぶりしょう)」を使った「鰤醤(ぶりしょう)らーめん」を提供している。

看板メニュー「白えび味噌らーめん」(950円)を持つ、店主の竹田大也さん

「鰤醤」は、みそやしょうゆの製造販売を手掛ける「片口屋」(射水市)が、地元の漁港で水揚げされたブリの内臓を使い6年前に開発した商品。魚醤特有の臭みが少なく、塩分濃度は大豆しょうゆとほぼ同じ濃度(15%)でうまみ成分を豊富に含むのが特徴という。

[広告]

 4年前にオープンした「すたじあむたけ」は、飲食業界で20年間経験を積んだ竹田大也さんが店主を務める。竹田さんはこれまで、「ラーメンが好きで新しい商品を開発したい」との思いから、富山で採れた「白えび」や、福井特産「山うに」を使ったラーメンなど、ユニークな視点でのメニュー開発を行ってきた。

 新メニュー開発について、竹田さんは「鰤醤は魚醤特有の生臭さが少ないのが良いと思った」と振り返る。鶏ガラスープ、鰤醤と大豆しょうゆをベースに、野菜を炒め混ぜ合わせたタレを使い、鰤醤のうまみとコクが感じられる商品に仕上げた。「化学調味料や保存料無添加なので、うまみを出すのに苦労した」と竹田さん。「これからも富山の名物になるような商品を作っていきたい」と意気込む。

 営業時間は、11時30分~14時、17時30分~23時(土曜・日曜・祝日=11時~23時)。スープなくなり次第終了。木曜定休。