3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う

北陸3県のバンドによる音楽企画 富山のレーベル「TOKEI RECORDS」新作も

ゲームセンターの新作EP「さよならサバーバン」のジャケット写真

ゲームセンターの新作EP「さよならサバーバン」のジャケット写真

  •  
  •  

 富山の独立系音楽レーベル「TOKEI RECORDS(トケイ・レコーズ)」がライブイベント「Looks(ルックス)」を3月22日、富山駅前にあるクラブ「MINORITY」(富山市桜町)で行う。

ゲームセンターの7インチ・シングルレコード「2010」のジャケット写真

 同イベントはトケイ・レコーズが県内外からさまざまなバンドやDJなど、多くの出演者を招き、県内各地の会場で毎月開催している。今回出演するバンドは、福井の「vivid branch(ヴィヴィッド・ブランチ)」、石川の「GAME CENTER(ゲームセンター)」、富山の「interior palette toeshoes(インテリア・パレット・トゥシューズ)」のインディーロックバンド3組。会場のBGM選曲を、県内のDJイベント「LOVEBUZZ」のCHIGONさん、NAKAOさん、YAMARIさんが務める。 

[広告]

 ヴィヴィッド・ブランチは1999(平成11)年に結成し、これまでに2枚のアルバムを発売している。トケイ・レコーズのコンピレーションアルバム「Looks」へ楽曲を提供するほか、2019年には福井の音楽レーベル「NOTORIOUS ROCK RECORD」から7インチレコード「Dancer/リルレリア」を発売。結成20年を迎えた現在もリリースやライブなど積極的に活動している。

 ゲームセンターは2018(平成30)年に結成。自主音楽レーベルから発売した1枚目のEP「I HAVE TO GO HOME」が全国の音楽ファンで話題となり、即日完売した。3月18日に、トケイ・レコーズからシングルEP「さよならサバーバン」(1,320円)と、1枚目のシングルEPからリードトラック「2010」をリマスターした7インチ・シングルレコード(1,650円)の2枚を同日発売する。

 トケイ・レコーズ代表であり、インテリア・パレット・トウシューズのメンバーである山内晃一さんは「ゲームセンターは、海外のインディーから日本のフォークまで、メンバーのさまざまな音楽背景をバンドサウンドに落とし込んでいる。最近のバンドでは一番かっこいいと感じていた。若くて感性が良く、音楽に対する考え方に共感できることも多く刺激をもらっている。以前から一緒に何かをしたいと思っていたので、今回のイベントで共演できリリースを祝えることはうれしい」と話す。

 CHIGONさんは「『ルックス』は北陸のかっこいいバンドが一堂に会するイベントなので、いつも楽しみにしている。今回出演する3バンドは昨年から今年にかけ新作を発売しており、会場でメンバーから直接入手できる。皆さんもライブを見て、お気に入りのCDやレコードを家に持ち帰り、また楽しんでもらえたら」と話す。

 14時開演。チケット料金は当日1,500円(ドリンク代別途)。