天気予報

34

25

みん経トピックス

富山のカフェで限定カレー富山で初のJAGDA賞受賞

富山市の昆布購入額日本一が確定 2年連続の栄冠に県民から安堵の声

富山市の昆布購入額日本一が確定 2年連続の栄冠に県民から安堵の声

昆布購入額日本一の富山人はおにぎりやおでんにとろろ昆布をたっぷりのせる

写真を拡大

 総務省が1月29日に発表した「家計調査」(2015年12月分)で、富山市の一世帯あたりの年間昆布購入額が2,529円となり、2014年に続き2年連続の日本一が確定した。

富山人が好む「羅臼昆布」は肉厚で長さは1.5~3m。知床半島の東側でしか採れない

 富山人の昆布に対する思いは非常に強く、市内に住む60代女性は「富山の郷土料理に昆布は欠かせない。日本1位は当然。どんな料理にも昆布を使う、といっても過言ではない」と話す。30代女性からは「とろろ昆布のおにぎりは、富山県民のソウルフード。運動会のお弁当のときに、8割の家族が持参しているほど。のりを巻くおにぎりは、邪道だと思う」との意見も出た。

 富山市は同ランキングで1960(昭和35)年の統計開始以来53年間1位を保持していたが、2013年の調査では京都市に日本一の座を奪われた。その悔しさをいまだに口にする県民も多い。

 県内で昆布問屋を営む四十物(あいもの)さんは「富山の家庭は知床半島東部で採れる羅臼昆布を愛用し、昆布締め、焼き昆布、おつまみ昆布などバラエティーに富んだ活用をしている。2013年に2位になったのは、利尻昆布が不漁のため高騰し、利尻昆布が好まれる京都の購入額が一時的に上がったため。あくまで昆布好き日本一は富山であることに変わりはない」と自負する。

 富山と昆布の歴史は古く、江戸時代の北前船によって北海道の昆布が富山を経由し京都・大阪に運ばれたことが由来とされる。現在でも、羅臼昆布の産地である羅臼町の7割が富山出身者だといわれるほど関係は深い。

 四十物さんは「実は富山湾で昆布は採れない。しかし昆布の王様である羅臼昆布は、富山の食文化には欠かせないもの。とはいえ、購入額は2005年をピークに半額程度となっている。富山の若い人にもっと昆布を親しんでもらいたい」と語る。

グローバルフォトニュース